ディスクロージャポリシー

ディスクロージャポリシー

適時開示に係る基本方針

当社は全てのステークホルダーに対する義務として適時開示体制を整備するため情報開示方針を定めております。

情報開示方針(ディスクロージャー・ポリシー)

  1. 適時開示すべき情報を迅速かつ網羅的に収集します。
  2. 適時開示に関する関係諸法令との適合性を確保します。
  3. 開示すべき情報について適時性と正確性に留意します。
  4. 開示にあたっては公平性に配慮しつつ積極的に行います。
  5. 適時開示方針は全てのグループ会社に適用します。

適時開示体制について

  1. 情報開示は、情報取扱責任者が行います。
  2. 情報開示は、原則取締役会の承認を得た後に行います。
  3. 四半期毎の決算短信等の決算に関する開示にあたっては、開示委員会の審議を経て、取締役会の承認を得た後に行います。
  4. 情報開示にあたって緊急性ある場合は代表取締役社長の承認を得て速やかに行います。
  5. 情報開示は、証券取引所の定める方法によるほか、当社ホームページに掲載します。
    また、必要に応じて記者クラブに資料を投函します。

ページトップへ